在宅サービス 在宅サービス

在宅サービス

訪問サービス

訪問看護とは

退院された方や、外来通院を開始されている方、そのご家族の抱える生活・病気に関わる困りごとをご自宅で相談いただけるサービスです。地域での生活を医療機関としてサポートすることで、病状悪化の予防・早期発見、地域生活の安定やステップアップを目指します。医療スタッフ(看護師・作業療法士・精神保健福祉士)が定期的に訪問し、御家族や地域社会で安心して生活が送れるよう様々な支援支援を行っています。

訪問看護を受けるには

  • 主治医、または外来看護師にご相談ください
  • 訪問看護利用には主治医の指示が必要になります

実施内容

  • 身の周りのことが十分できずに困っている
  • 病気と付き合いながら地域での生活を継続したい(病状の観察・内服指導)
  • 一人暮らしのアドバイス(ゴミの分別・家電の使用方法・食事・清掃)
  • (家族として)本人とどのように接し、対応したらよいかわからない
  • 社会資源・福祉サービスについての相談
  • 周囲に話す人がいない(不安・悩み事の相談)
  • 治療を続けたいが途絶えがちになってしまう
  • 定期的に生活や健康などの相談がしたい(身体面の状態観察)
  • 病気のことから生活に関わることまでご相談いただけます。

実施時間

午前9時〜午後5時(日祝祭日・年末年始は除く)

実施地域

足立区及び近隣の地域に在住の方

※当院にて外来通院治療を実施している方に限ります。

利用までの流れ

  • 訪問サービスのご希望

  • 訪問看護の依頼

    主治医、または外来看護師にご相談ください。
    訪問看護利用には主治医の指示が必要になります。
  • 初回訪問

    お約束の日時に訪問看護職員が訪問します。時間は1回約30分〜1時間ほどです。
    以降の日時は初回訪問の際に決定します。基本的には同じ曜日に伺います。
    回数は個々の状況により相談いたしますが、最大で週3〜5回まで可能です。
訪問サービスについての
お問い合わせはこちらまで
03‐3890‐1306

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

03-3890-1306
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る